おかんが亡くなる前からおかん亡きあとに発生する手続等についてあれこれ考えてはいたもののなんかやっぱりどこかショックというか喪失感に苛まれてしまってるようでふと我に返って放心状態にあることに気づいてはまたあれこれ考えるを繰り返してたんだけど先日愚弟からおかんの保険証を渡すように言われて愚弟宅に行ったときにタバコ女にいろいろと吹き込まれたんだろうなって思えるような愚弟の態度を見て情け心をかけるのは無駄だということを実感してさっそく行動に起こしてきました(^^;)

タバコ女の義姉というのが実母の年金を使い倒した挙句
ボケてわけがわからなくなった実母を弟夫婦(タバコ女とバカ婿)に押し付けてバックレたという強者なんだけどまめっぷが思うにタバコ女はまめっぷが強者の義姉と一緒だみたいなことを愚弟に吹き込んだんだろうなって思えるような言動が見られたの(((uдu*)ゥンゥン

なかでも生命保険に関してなんだけどおかんがまめっぷらにかけてた保険がかんぽ生命の不正契約問題に抵触していたらしくて品質管理室なるところからいわゆる対策担当みたいなひとが二人連れでやってきたときにその時点で加入している全生保の一覧表を見せられながらひとつひとつ説明されたのね( ゚д゚)ウム

けど一覧表は細かくてわかりづらかったし保険証券と照合しながら確認したわけでもないから一抹の不安はあったんだけど掛け金総額を算出してもらったら100万超であることがわかったわけさ( ゚Å゚)ホゥ

それにはさすがにまめっぷも驚いたけどおかんとしては財テクとしての意味合いもあったと思うんだ(゚д゚)(。_。)ウン

だって満期になったって保険をかけられてるまめっぷには何の恩恵もなくてただ名前貸ししてるようなものなんだろうなって思ってたしおかんはおりたお金で欲しいものを買ったりしてたんだもん!

とは言え収入源がおとんの遺族年金とおかんの国民年金のみのおかんが年間100万超えの保険金をかけ続けるのはどう逆立ちしても不可能な話だし何よりおかん自身がそんなことになってるとは夢にも思ってなかったみたいで愕然としてたんだ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

それを見かねてかどうかはわかんないけど品質管理室から来た対策担当のひとから本来あるべき形での契約ではなかった可能性があるので希望するのであれば白紙撤回することも可能ですって言われたのね( ゚Å゚)ホゥ

それでおかんと顔を見合わせてどうする?ってなったんだけど
タバコ女はバカ婿がいるから食べるのに困ることはないし愚弟も会社員で定収入があるし独身で無職で何もないのはまめっぷだけだぁ~って冗談半分で言ったらおかんがタバコ女と愚弟のはいらないんじゃないかって言いだしたの( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

まめっぷは内心ついこの間まで3人に平等に行き渡るようにしてるって宣ってたのになぁって思ったけどすでに記憶があいまいで前日のことですら覚えてたり忘れてしまってたりするような状態だったから蒸し返したところでそうだっけ?って言われるのがオチだろうって思ったから異を唱えることもしなかったんだよね(;´▽`A``

おかんの分も白紙にしてもいいって言ったのだけは入院することになったりするかもだから残しておこうって言って思いとどまらせたけどね(#^^#)

そんなわけで白紙撤回されて返却になった分はすでに振り込まれてるはずなんだけど愚弟がおかんの通帳を見せようとしないだけじゃなく保険料の支払いが続いてるとか言われてさΣ( ̄□ ̄|||)

そりゃおかんとまめっぷの分は月掛けがあるから当然だろって思ったけど
タバコ女から何を吹き込まれたのかわかんないけど察するに遺産が欲しいタバコ女がまめっぷの言うことはあてにならないとか何とか言って愚弟をたきつけてるんだろうなって思ったから余計な手出しはしないことにしたんだ(((uдu*)ゥンゥン

要するにタバコ女は勝手に白紙撤回されたことによって自分の取り分がなくなったかもしれないっていう不安が不満になってるんだけどまめっぷを責めたんでは保険金目当てなのがわかっちゃうからアホな愚弟をたきつけることで憂さを晴らしてるんだと思う┐(´д`)┌ヤレヤレ

まめっぷは立ち会ったときの様子をそのまま素直に伝えたに過ぎないし
まめっぷの分は残すって決めたのは契約者であるおかんであって
被保険者のまめっぷに保険継続の有無を決める権利なんてないでしょ!

ちゃんと聞いてなかっただけかもしれないけど2本あったことも入院給付金の申請に行って知ったくらいなのに裏工作なんてするわけないし保険証券を見たことで勘違いだったのがわかったんだけど何度かおかんに頼まれて保険手続きの場に同席したとき署名した文書に契約者が亡くなったときかなんかの指定請求代理人のところの名前が愚弟になってるのを見て保険はかけられてるけどお金を手にすることはないんだなって思い込んでたくらいだからね( ̄▽ ̄;)

入院給付金の申請もしようかどうしようか迷ったくらい引っ掛かり続けてたことなのよ(((uдu*)ゥンゥン

まぁ保険証券をみたら指定請求代理人が指定なしになってたからあれは何のやつだったんだろうって思ったけど念のために郵便局で確認してみたら契約者が亡くなったときはその保険も相続の対象にはなるらしいんだけど他相続人の承諾を得ることで被保険者が契約者となって継続できるらしいの(*´艸`*)

タバコ女が解約になって返戻金がおかんの口座に入るって宣ってたのを聞いて呆れたというか金の亡者なんだなぁってつくづく。。。

もっとも保険証券と一緒に封筒に入っていた冊子を見たら返戻金の最高額が60万だったけどそれは40数年経ってる場合であってまめっぷのはまだ数年なんでせいぜい12~13万くらいにしかならないのにそれでも分けろって言うのかなって( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

もちろん2本とも名義変更して継続するつもりではいるけどね(^_-)-☆

その権利がまめっぷのみにあることは確認済みだし掛け金が払えるかどうかを詮索する権利は誰にもないわけでたとえ払えないとしても払えることにして名義変更さえしてしまえばそのあと解約したとしてもねぇ(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

そんなこんながあったのでおかんの口座はまだ活きてるから水道光熱費のことは気にしなくていいよ、切り離すときに連絡するからって言われてはぁ?ってなったわけさ( ̄▽ ̄;)

口座が凍結になって引き落としできなくても送られてきた納付書で払えばいい話なんで異を唱えることもなく了解はしたけど愚弟の態度がマウンティング極まりなくてカチンと来たから手続きしてきちゃった(*´艸`*)

だって凍結保留期間なんてたかが知れてるでしょ!

愚弟がお仕事の合間に相続手続きするらしいから1ヶ月で終わるかどうかはわかんないけど
かと言ってそのままにしておいたら保留にしてる間もあんたはおかんのお金使ってたみたいなこと言われかねないなって思ったの(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

ガス料金だけは2件分の合算になってたからそのまま引き継ごうかとも思ったけど
愚弟って生まれてから半世紀もの間ただの一度もおかんの元を離れたことがなくて今彼が住んでるおうちに移ったときもたぶん公共料金関係の手続きはおとんがしたんじゃないかと思うんだ(((uдu*)ゥンゥン

故に2件分を合算する状態のままでまめっぷが引き取ったとしても何の疑問も持たないか逆ギレのように余計なことするなってマウント取られるかだろうなって思い直してまめっぷのおうちの分だけを切り替えてきたの(´艸`*)

よかれと思ってやってあげても裏目に出たんじゃまめっぷがイヤな思いするだけだからね( ゚д゚)ウム

愚弟がひとり占めする形にしておいてタバコ女とコソコソ分け合うことにするんであればこっちだって遠慮はいらないと思うけど公明正大に分割協議の形を取るとしたらあんたはさんざん使いまくったんだから遠慮しろみたいに言われかねないからだったらさっさとまめっぷ分だけ引き取っておいたほうがいいかなって(~_~メ)

NHK受信料も2件分まとめる形になってるんじゃないかと思うけどまめっぷ分だけ契約者の名義変更と振替口座の変更をするつもり(;^_^A

おとん名義の固定電話は間違い電話と迷惑FAXがちょこちょこ入って困ってるので廃止にして自動解約になっていなければまめっぷ名義の権利があるはずなので新たな電話番号を取ろうと思ってるんだ(*´艸`*)

頭が旧いのかもだけどもし新聞広告出すとしても携帯番号のみだと胡散臭さがあるかなって思ってしまうもんでやっぱり固定電話がないとなって。。。(~_~;)

内職のお仕事にはなかなか気持ちが向かないけど他の諸々も含めて何とか目標額に到達できるように手を変え品を変えしながらやっていければなって思ってます<(_ _)>