まめっぷ日和

まめっぷのお気に入り広場です

転院2日目の衝撃!

新型コロナの影響で病院の面会は家族と言えども制限されたりするみたいなんだけど
何分にも先が見えてる命ということで主治医の先生からも面会の制限はしませんからって言われたので
親戚縁者を含めて面会時間とかも関係なしに面会ができるようになってます(^^;)

赤十字病院はおとんもお世話になったので勝手知ったる何とやら的なところがあったけど
市立病院は初なのでこれから知っていく感じかな(;´▽`A``

それで何が衝撃だったかというとお昼ちょっと前にリハビリ師さんが来て
リハビリを開始する旨を説明されたんだけど
話しの流れで「食欲はありますか?」っておかんに聞いたらなんと!
「あります」ってハッキリと答えたのぉヮ(゚д゚)ォ!

だってさぁ
ずーっと「食欲ない」「食べたくない」って言いながら
まめっぷに付き合って仕方なく食べてたような状態だったんだよ(^^;)

辛うじて「ひと口でも食べたほうがいいのかな」って言ってね(#^^#)

85という年齢もあるし食欲が戻ったところで病状が改善するわけではないけど
よくさ
余命宣告を超えてまだ生きてます的なひとが取り上げられることあるでしょ!

そんな風にならないかなぁって秘かに期待しちゃってるまめっぷがいるんだよね(;^_^A

肺に血栓があるってことだから退院しての帰宅はたぶん無理だと思うけど
ちょっとした外出くらいならできるようになるんじゃないかって淡い期待してる(#^^#)

あとね
ここ2年くらい左目があまり見えない状態のままでクルマを運転してるんだけど
免許更新の時に間違いなくひっかかるレベルなもんで
折を見て眼科に行かないとって思ってたの(((uдu*)ゥンゥン

けど以前にかかってた眼科の医者から
「角膜に傷がついてはいるようだけど見えない理由はわからない」って言われたので
眼科に行くとしても別の眼科だよなって思いながら今日に至るなわけ( ゚д゚)ウム

ところがおかんが入院してる市立病院は眼科があるわけさ( ゚Å゚)ホゥ

しかも市立病院が今の場所に移転する前に入院したことがあって
診察券を持ってたりもするので思い切って眼科にトライすることにしました(^^;)

左目があまり見えてないことはおかんには言いそびれたまま黙ってたのね(;^_^A

でも万が一の時は親戚を乗せることになるし
来年免許更新だからそれまでにハッキリと見えるようにはならないまでも
視力検査をクリアできる程度にはなっておかないとって言うのもあったので
その辺りをおかんに話してみたら「免許の更新できないと困るものねぇ」って
何とものんきな返しをしてきたので「おかんを乗せて歩けなくなるからね」って言ったら
コクンとうなづいてくれたのがとてもうれしかったヾ(≧▽≦)ノ

だから外出できるようにならないとなぁ思ってた( *´艸`)

そんなわけで今日は体温を下げるべくめいっぱいあるので
小出しにしながら面会しようと思ってます(;^_^A

緊急搬送から10日目

食欲が戻るまではいかないけど
食べたくないとは言わずに食べてくれるようにはなったのでまずまずと言ったところでしょうか(^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン

病院の給食を見て美味しそうとかもっと食べるとか言ってもらえるのは嬉しいかな(^^;

自分で食べ始めても途中で疲れるみたいなので足りなさそうなときは食べさせてあげて牛乳の飲み残しだけはまめっぷが(#^.^#)

おかゆはあんまり食べないのにバナナのムースをペロッと食べたときはおおぉってなっちゃった(^-^;

けど生きてること自体が奇跡的って言われたくらい衰弱した状態からの復活ではあるけど末期のすい臓がんで治療はできないレベルなのであとはおかんの生命力次第なんだ(;´д`)

自覚症状がないからお前はすでに死んでいる状態だってことを知らなくてただ食べられなかったから衰弱したと思ってるので発破はかけやすいけどねf(^^;

明日の午前中に市立病院に転院するんだけど
ぶっちゃけ臨終待ちみたいなものなので
電解質の点滴と病院給食でどれくらい持つかなんだ(^_^;)

ただ進行性とかではないとしたら
食事で持ち直して退院なんてことにならないだろうかって思ったりもしててね(^^;

もっともそんなことになったらそれもそれで大変なんだけど揺れちゃってるまめっぷでしたm(_ _)m

あれから早1週間

弟からの電話の翌朝からおかんのところに通い続けてます・・・(;´Д`)

弟はおかんが『食欲がない』って言うのを額面通りに受け止め何もできずにただ衰弱していくのをみていることしかできないと思ってたようなんだけど

まめっぷはおとんが余命宣告で『持ってもあと2週間くらい』って言われた時に入院したことを知らずにいるおとんの姉弟なんかがいきなり逝去だけ知らされたらショックだろうと思ったんで

せめて入院がひと月を越えるまではおとんに頑張ってもらおうと思って食事介助を始めたら一時的に持ち直して宣告より2週間くらい長く生きてもらえたので

それを踏まえて一口だけでも食べてもらいながらおかんの生命力にかけるしかないと思ってる感じかな(^^;

寿命が近づいてるのは間違いないし
おかん自身であっても抗い続けることには限界があることも間違いのない事実なので
おかんの命の火が燃え尽きるまでは
悔いが残らないようにしようと思ってるんだ(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン

まめっぷは独り暮らしが長いからおかんがいない生活も慣れっこだけど弟はおかんと共依存の関係にあるからあたふたしたみたい┐(´д`)┌

50っていう自分の歳を考えたら解れよって思うけど一度も親元離れたことがないんじゃ仕方ないのかな(-_-;)

明日は検査名目で病院に行く予定ではあるけど入院することになるかどうかは医者の見立て次第と言ったところみたいですf(^^;

まめっぷはお留守番なので気楽なもんだけどね(´・з-)ノ⌒☆