まめっぷ日和

まめっぷのお気に入り広場です

公共料金の切り替え手続きをほぼほぼ終えました(^^;

正直お仕事の足かせになってたおかんが亡くなったことで気兼ねなく専念できるようになったことでオンライン講習も含めて本腰入れないといけない段階に来てるので公共料金の振替口座だけでなく契約者名義もまめっぷにしちゃいましたf(^^;

おとん名義で振替口座だけがおかんになってたり愚弟宅分も合算になってたりと結構面倒なのもあってネット上で手続きしたあとさらにサポートに電話して手続きはしたんだけど2件分になってると思うから確認してほしい旨と口座名義のおかんが亡くなったことを伝えて1件分ずつにばらかしてもらえるように依頼したりと手間はかかったけど手続き自体は何度もしたことあるから動き始めてからは早かったかな(*^^*)

電気に関してはアンペアの変更依頼もしたんだ(^-^;

ひとりだし40アンペアも要らないから基本料金が安くなるように30に下げることにしたの(^.^;

お仕事をオンラインのみにするか茶の間に少数の生徒さんを招き入れる形もとるかで迷ってるところがあるので固定電話も廃止にしないで名義変更することにしたんだけどこの何年かで間違い電話や迷惑FAXが来るようになってたので一緒に電話番号も変えることにしたんだ(゜-゜)(。_。)

まめっぷが持ってる電話の権利で新規契約しようかとも思ったけど名義変更と番号変更の方が安く済むって言われて路線変更しちゃった(*^.^*)

携帯電話も一応みみっちい愚弟に意向を聞いたら俺は解約でいいけど好きにしていいって言われて携帯電話と充電器を渡されたのでそういうことなら携帯番号だけ残したいなって思ってはみたもののらくらくフォンとスマホじゃ2台持ちする意味ないしどうしようかなぁって考えてたときにタブレットも回線契約ですって説明されたことあったのを思い出してタブレットに機変したの( *´艸`)

ショップで番号を残したいって言ったらタブレットを勧められたのでちょっと騙された感は否めなかったけど受け入れた感じかな_(^^;)ゞ

まぁでもビジョンの中にはタブレットの用途もあると言えばあるのでいずれはって思ってはいたから考えようによってはおとんとおかんに背中を押されたって解釈もまめっぷの中ではできるので。。。(*^.^*)

ただまめっぷの今の住み処が愚弟名義でいつ『手放すことにしたから出てくれ』って言われないとも限らないから何なら何時でも動けるような態勢を取りつつ様子見しながらになるとは思うけど要はしっかりと自立してみせればいいだけの話だから固定費が払えて食べられてたまにプチ贅沢ができるくらいのお金を稼ぐことができれば満足(*^^*)

何せ愚弟には輪をかけて太刀の悪い金の亡者の愚姉がいてあることないこと吹き込んで焚き付けてるみたいだけど『明日は我が身』とか『逆も真なり』って諺にもあるようにひとを見下したり蔑んだりすることで自己顕示欲満たすのは勝手だけど形勢逆転してもまめっぷは知ったこっちゃないよってことよ( *´艸`)

どういう形にしようとしてるのかはわかんないけどおかんの相続手続きが完了した時点での亡者の愚姉とはおさらばだし独り身同士で戸籍が一緒の愚弟ともおさらばできるようにまめっぷだけ転籍するつもりなのであとは愚姉弟で仲良くやってねって( ̄ー+ ̄)

まめっぷは自分一人の食いぶちしか稼げないから引き取るのは無理だもの(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)

あとは固定電話の書類を印刷して必要事項を書いて送るだけだぁ(≧▽≦)

何となく思い描いてるビジョンをしっかりと形にできれば大丈夫のはずなのでうまくいきますように(^人^)

早いもので初七日が過ぎました(^^;)

おかんが亡くなる前からおかん亡きあとに発生する手続等についてあれこれ考えてはいたもののなんかやっぱりどこかショックというか喪失感に苛まれてしまってるようでふと我に返って放心状態にあることに気づいてはまたあれこれ考えるを繰り返してたんだけど先日愚弟からおかんの保険証を渡すように言われて愚弟宅に行ったときにタバコ女にいろいろと吹き込まれたんだろうなって思えるような愚弟の態度を見て情け心をかけるのは無駄だということを実感してさっそく行動に起こしてきました(^^;)

タバコ女の義姉というのが実母の年金を使い倒した挙句
ボケてわけがわからなくなった実母を弟夫婦(タバコ女とバカ婿)に押し付けてバックレたという強者なんだけどまめっぷが思うにタバコ女はまめっぷが強者の義姉と一緒だみたいなことを愚弟に吹き込んだんだろうなって思えるような言動が見られたの(((uдu*)ゥンゥン

なかでも生命保険に関してなんだけどおかんがまめっぷらにかけてた保険がかんぽ生命の不正契約問題に抵触していたらしくて品質管理室なるところからいわゆる対策担当みたいなひとが二人連れでやってきたときにその時点で加入している全生保の一覧表を見せられながらひとつひとつ説明されたのね( ゚д゚)ウム

けど一覧表は細かくてわかりづらかったし保険証券と照合しながら確認したわけでもないから一抹の不安はあったんだけど掛け金総額を算出してもらったら100万超であることがわかったわけさ( ゚Å゚)ホゥ

それにはさすがにまめっぷも驚いたけどおかんとしては財テクとしての意味合いもあったと思うんだ(゚д゚)(。_。)ウン

だって満期になったって保険をかけられてるまめっぷには何の恩恵もなくてただ名前貸ししてるようなものなんだろうなって思ってたしおかんはおりたお金で欲しいものを買ったりしてたんだもん!

とは言え収入源がおとんの遺族年金とおかんの国民年金のみのおかんが年間100万超えの保険金をかけ続けるのはどう逆立ちしても不可能な話だし何よりおかん自身がそんなことになってるとは夢にも思ってなかったみたいで愕然としてたんだ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

それを見かねてかどうかはわかんないけど品質管理室から来た対策担当のひとから本来あるべき形での契約ではなかった可能性があるので希望するのであれば白紙撤回することも可能ですって言われたのね( ゚Å゚)ホゥ

それでおかんと顔を見合わせてどうする?ってなったんだけど
タバコ女はバカ婿がいるから食べるのに困ることはないし愚弟も会社員で定収入があるし独身で無職で何もないのはまめっぷだけだぁ~って冗談半分で言ったらおかんがタバコ女と愚弟のはいらないんじゃないかって言いだしたの( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

まめっぷは内心ついこの間まで3人に平等に行き渡るようにしてるって宣ってたのになぁって思ったけどすでに記憶があいまいで前日のことですら覚えてたり忘れてしまってたりするような状態だったから蒸し返したところでそうだっけ?って言われるのがオチだろうって思ったから異を唱えることもしなかったんだよね(;´▽`A``

おかんの分も白紙にしてもいいって言ったのだけは入院することになったりするかもだから残しておこうって言って思いとどまらせたけどね(#^^#)

そんなわけで白紙撤回されて返却になった分はすでに振り込まれてるはずなんだけど愚弟がおかんの通帳を見せようとしないだけじゃなく保険料の支払いが続いてるとか言われてさΣ( ̄□ ̄|||)

そりゃおかんとまめっぷの分は月掛けがあるから当然だろって思ったけど
タバコ女から何を吹き込まれたのかわかんないけど察するに遺産が欲しいタバコ女がまめっぷの言うことはあてにならないとか何とか言って愚弟をたきつけてるんだろうなって思ったから余計な手出しはしないことにしたんだ(((uдu*)ゥンゥン

要するにタバコ女は勝手に白紙撤回されたことによって自分の取り分がなくなったかもしれないっていう不安が不満になってるんだけどまめっぷを責めたんでは保険金目当てなのがわかっちゃうからアホな愚弟をたきつけることで憂さを晴らしてるんだと思う┐(´д`)┌ヤレヤレ

まめっぷは立ち会ったときの様子をそのまま素直に伝えたに過ぎないし
まめっぷの分は残すって決めたのは契約者であるおかんであって
被保険者のまめっぷに保険継続の有無を決める権利なんてないでしょ!

ちゃんと聞いてなかっただけかもしれないけど2本あったことも入院給付金の申請に行って知ったくらいなのに裏工作なんてするわけないし保険証券を見たことで勘違いだったのがわかったんだけど何度かおかんに頼まれて保険手続きの場に同席したとき署名した文書に契約者が亡くなったときかなんかの指定請求代理人のところの名前が愚弟になってるのを見て保険はかけられてるけどお金を手にすることはないんだなって思い込んでたくらいだからね( ̄▽ ̄;)

入院給付金の申請もしようかどうしようか迷ったくらい引っ掛かり続けてたことなのよ(((uдu*)ゥンゥン

まぁ保険証券をみたら指定請求代理人が指定なしになってたからあれは何のやつだったんだろうって思ったけど念のために郵便局で確認してみたら契約者が亡くなったときはその保険も相続の対象にはなるらしいんだけど他相続人の承諾を得ることで被保険者が契約者となって継続できるらしいの(*´艸`*)

タバコ女が解約になって返戻金がおかんの口座に入るって宣ってたのを聞いて呆れたというか金の亡者なんだなぁってつくづく。。。

もっとも保険証券と一緒に封筒に入っていた冊子を見たら返戻金の最高額が60万だったけどそれは40数年経ってる場合であってまめっぷのはまだ数年なんでせいぜい12~13万くらいにしかならないのにそれでも分けろって言うのかなって( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

もちろん2本とも名義変更して継続するつもりではいるけどね(^_-)-☆

その権利がまめっぷのみにあることは確認済みだし掛け金が払えるかどうかを詮索する権利は誰にもないわけでたとえ払えないとしても払えることにして名義変更さえしてしまえばそのあと解約したとしてもねぇ(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

そんなこんながあったのでおかんの口座はまだ活きてるから水道光熱費のことは気にしなくていいよ、切り離すときに連絡するからって言われてはぁ?ってなったわけさ( ̄▽ ̄;)

口座が凍結になって引き落としできなくても送られてきた納付書で払えばいい話なんで異を唱えることもなく了解はしたけど愚弟の態度がマウンティング極まりなくてカチンと来たから手続きしてきちゃった(*´艸`*)

だって凍結保留期間なんてたかが知れてるでしょ!

愚弟がお仕事の合間に相続手続きするらしいから1ヶ月で終わるかどうかはわかんないけど
かと言ってそのままにしておいたら保留にしてる間もあんたはおかんのお金使ってたみたいなこと言われかねないなって思ったの(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

ガス料金だけは2件分の合算になってたからそのまま引き継ごうかとも思ったけど
愚弟って生まれてから半世紀もの間ただの一度もおかんの元を離れたことがなくて今彼が住んでるおうちに移ったときもたぶん公共料金関係の手続きはおとんがしたんじゃないかと思うんだ(((uдu*)ゥンゥン

故に2件分を合算する状態のままでまめっぷが引き取ったとしても何の疑問も持たないか逆ギレのように余計なことするなってマウント取られるかだろうなって思い直してまめっぷのおうちの分だけを切り替えてきたの(´艸`*)

よかれと思ってやってあげても裏目に出たんじゃまめっぷがイヤな思いするだけだからね( ゚д゚)ウム

愚弟がひとり占めする形にしておいてタバコ女とコソコソ分け合うことにするんであればこっちだって遠慮はいらないと思うけど公明正大に分割協議の形を取るとしたらあんたはさんざん使いまくったんだから遠慮しろみたいに言われかねないからだったらさっさとまめっぷ分だけ引き取っておいたほうがいいかなって(~_~メ)

NHK受信料も2件分まとめる形になってるんじゃないかと思うけどまめっぷ分だけ契約者の名義変更と振替口座の変更をするつもり(;^_^A

おとん名義の固定電話は間違い電話と迷惑FAXがちょこちょこ入って困ってるので廃止にして自動解約になっていなければまめっぷ名義の権利があるはずなので新たな電話番号を取ろうと思ってるんだ(*´艸`*)

頭が旧いのかもだけどもし新聞広告出すとしても携帯番号のみだと胡散臭さがあるかなって思ってしまうもんでやっぱり固定電話がないとなって。。。(~_~;)

内職のお仕事にはなかなか気持ちが向かないけど他の諸々も含めて何とか目標額に到達できるように手を変え品を変えしながらやっていければなって思ってます<(_ _)>

先日おかんが旅立ちまして。。。

前日に高熱を出して食事の機会がなくなったものの前々日まではしっかりと食事ができていたので入院当初のやつれた状態からは見違えるほどふっくらして10キロ落ちた体重も5キロ戻ってたという。。。( ̄▽ ̄;)

だから患者さんの扱いに慣れてない看護師さんには重すぎたようでヘルプ呼んでたもん(^^;)

まめっぷはおかんのたるんだお腹のお肉をつまみながら『かあちゃんおデブだから看護師さんひとりじゃ動かせないってよ』って言ったりしてたんだよね(*´艸`*)

朝に高熱を出したってことだったけどまめっぷが病室に行ったときには37℃台まで下がってたので大丈夫かなって思ったし主治医の先生もガン患者さんはガクッと落ちるときが来るもので今がその状態にあるけど再度上り調子になることはないと思うのでお薬と給食を止めて水分補給に切り替えますって言われたのでまた面会制限が撤廃されるかなって思ったくらいだったの(((uдu*)ゥンゥン

8月に入った途端に15分の制限がついて長時間滞在ができなくなってしまって食事介助も介護士さんが食べさせてるところに入って行って交代し時間になったらまた介護士さんに渡して帰る形になったもんだから何が起きてるのかわからないおかんにはまめっぷが食事介助するのがイヤになったから申し訳程度に手をかけるだけで帰っちゃうんだって思われたようなんだよね(;´д`)トホホ…

気落ちしてるのが見て取れたからコロナの新規感染者が毎日のように出てるから帰らないといけなくなっただけでイヤになったわけじゃないからねって言い聞かせてはみたけど理解できてたかどうか。。。(;´Д`A ```

ただ高熱を出した日はさすがに帰れとは言われずに済んだので8月に入るまでと同じようにおかんにつきっきりでいたら『今日はいてくれるのね』って顔でまめっぷの顔をジーッと見てたけど(^^;)

食事介助してくれた介護士さんからお昼ごはんを食べさせようとしたら2口3口食べただけで舌で押し戻すようにしたので下げましたって言われてたんだけどおかんとふたりでいたときにおかんがウィスパーボイスで『ごはん』って言ったんだ(゚д゚)(。_。)ウン

なので『お腹空いたの?』って聞いたらウンって頷いたので冷蔵庫に入れてあった栄養ドリンクのゼリーを食べさせたんだけど今になって思い返すとおかんは介護士さんじゃなくまめっぷに食べさせてほしくて舌で押し戻したんだなって。。。(;´Д`A ```

長時間滞在ができてた時は配膳の前に入ってたんだけど時間制限されるようになってからは配膳の前に入ってしまうと食べさせ始まる前に帰らないといけなくなると思ったんで介護士さんが食べさせ始めた頃を見計らって入るようにしてたけどおかんにしてみたらなんで?って話だもんね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

それまでは美味しくないからって食べようとしなかったのにむしゃぶりつくように食べたんだけどお腹が空くとがまんできないひとだったからそのときもほんとにお腹が空いてたんだってしか思わなかったし主治医の先生に話したら食べたいものを食べさせて大丈夫だからって言われて差し入れ何にしようかなって思ったくらいだったので心の準備とか一切なしに弟とバトンタッチして病室を後にしたわけよ( ゚д゚)ウム

おとんのときは亡くなった当日の主治医の振る舞いでもうダメだってことが分かったので呼び戻されるのを想定しながら帰宅したけどおかんはその通りだったからまさか翌日の早朝に呼び出されることになるとは思ってなくてΣ( ̄□ ̄|||)

病院からの電話では1番目と2番目が出なかったからこちらにかけたって言われてまめっぷが一番乗りしたんだけど取ってつけたような態度の長女でもおぼつかない介助しかできなかったであろう長男でもなくかゆいところに手が届くまめっぷに一番最初に来て欲しかったんだろうなって思ったんだ(´ー`*)ウンウン

呼吸が弱くなったのでってことだったけどまめっぷが到着したときにはすでに息がなくて心電図の電源も切られちゃってたんだけど穏やかな表情で眠ってるようにしか見えなかった(´;ω;`)ウゥゥ

ぬくもりも残ってたしねぇ。。。

姉弟が到着したのがまめっぷより40分くらい遅かったおかげでしっかりお別れができたので思い残すことはないんだけどふとした瞬間に放心状態の自分に気づくんだよね(;´▽`A``

思考が停止しちゃってるようで頭が働いてないというか考えようとはするけど何も思い浮かばなくてでもおかん絡みでまめっぷしか把握してないことがいくつかあるのでそれだけはクリアにしないとなって思いながらも何をどうすればいいのかが思い浮かばなくてさぁ。。。

おとんが亡くなってからおかんがいる間に食い扶持くらいは稼げるようになっておかないとって思いながらもちょっと割のいいお仕事に当たって上り調子になりかけるとおかんの執拗な呼び出しが始まってお仕事の時間が取りづらくなるの繰り返しでなかなか思うように行かないというか腰を落ち着けることができないままおかんが入院しちゃったからぶっちゃけ食うや食わずの状態に近いものがあるんだけど独り暮らしで不規則な生活が長いからあまり苦になってないのがせめてもの救いかな( ̄▽ ̄;)

白内障の手術で1泊入院した分の入院給付金待ちなんだけど手術に関しては診断書の内容次第というか医者がどういう記述をしたかで給付金の出る出ないが決まるんだってヾ(゚Д゚ )ォィォィ

まぁでも今週中に入れば御の字なのでおとなしく待ちたいと思います(;^_^A

あとは手続き関係がどうなるかだけどサポカー補助金の入金がまだなのでゆうちょの口座は活かしておくようにクルマやさんから言われてるから再度その旨は弟に言わないと最近になって金の亡者という本性をあらわにした姉が相続手続きするよう弟に催促しかねないなって思ってて(-_-メ)

預貯金については生前におかんがまめっぷに託してくれたのでおおまかな数字は把握してるんだけどまめっぷとおかんの生命保険のことをこそこそ調べようとしたようなやつなので油断ならないわけさ"(-""-)"

もちろんコンプライアンスがあるので丁重に断られたみたいなんだけど
それ以降おかんがかけてるまめっぷの保険はおかんが亡くなったら解約になって解約返戻金がおかんの口座に入るとか宣ってたのねヽ( ´ー)ノ フッ

もともと姉弟名義の保険もあったんだけど不正契約問題の件で品質管理室ってところのひとが来たときに掛け金総額を聞いたらどえらい金額だったので食わせてくれる旦那がいる長女と会社員の弟は大丈夫だろうってことで先細りのまめっぷとおかんの分だけ残して白紙撤回しちゃったの!

だから金の亡者が受け取れるのは預貯金総額の3分の1だけになるので120~130万がせいぜいなんだけどね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

弟には名義口座があるけど金の亡者はたぶん知らないと思うしまめっぷも言うつもりはないのでふたを開けてみたときに金の亡者がどう思うかだよね(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

ちなみにおかんがまめっぷにかけてくれてた保険はまめっぷに名義変更して継続しようと思ってるのでびた一文渡ることはないというか渡すつもりないはないし相続権利者の同意は必要だけど継続できるのがまめっぷだけなのは給付金の申請に行った際に確認済みなので解約するとしても名義変更後って決めてるもん(^_-)-☆

もっとも満期か死亡であればまとまった金額になるけど解約だと20万足らずとかそんなものにしかならないみたいだから名義変更で満期をまめっぷにして死亡はまめっぷにできないので弟にしようかなって思ってます(;´▽`A``

お盆なのでおとんのお墓参りにも行かないとなんだけどひとりで行くのはどうも。。。

ずっとおかんが一緒だったからひとりで行ってもいいかどうかの判断ができなくて
でもお花をたくさんもらってきたので枯れたりしおれたりしないうちに行かないとなぁって思いながらも他にすることを探しちゃってる始末で自覚のない喪失感がハンパないみたい(;^_^A

遠方でのひとり暮らしも経験してるから案外平気かと思ってたんだけど
ただ離れて暮らしてるのとはわけが違うみたいです_| ̄|○