まめっぷ日和

まめっぷのお気に入り広場です

今日は“おはようございます”です(^^;)

これから追い込みって言うタイミングで猛獣が2頭に増えたために
内職が目標値に達することなく7月が終わっちゃいました(´;ω;`)ウゥゥ

猛獣って言うのはおかんと東京在住の叔母さん(おかんの妹)のことなんだけど
1頭だけでもたくさんなのによりによって最後の追い込みに入ろうって時に泊まりに来られたもんで
連日駆り出されて内職どころじゃなくなったのよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

連絡は7月初めにもらってたから先回りして数を積むことができていればよかったんだけど
出すものがないって言われて2日も3日も棒に振るような状態で
どうにかジュエリーを提示されはしたものの着画と商品画像がひと続きなもんだから
いちいちバラシて加工しないといけなかったりして踏んだり蹴ったり(´Д`)ハァ…

しかも叔母さんから連絡が来た時点ではいとこ家族も来ることになってたんだけど
おかんが布団を運んでまめっぷがいるおうちに泊まってもらうとか宣ったもんだから
掃除もしなくちゃいけないしで落ち着かなくてさ(-_-メ)

結局いとこ家族と合流することになってた叔母さんが来るのを1日遅らせたおかげで
いとこ家族は来ないことになったから助かりはしたけど時間返せって思ったよね"(-""-)"

でもね
おかんが何から何までまめっぷに押し付けて動こうとしないもんだから
叔母さんが呆れちゃって〝自分で動かないとダメ!〟って鉄槌下してくれたのよ(´艸`*)

どうしてそんなことになったかというと
おかんから電話でまめっぷは何もしないで食っちゃ寝だって聞かされてたのに
おとんのお葬式で来たときに実は食っちゃ寝なのはおかん自身のことで
まめっぷが甲斐甲斐しく動き回ってるのを目の当たりにしたからなんだけど
久々に来てみたらおかんのグータラ具合に拍車がかかってたもんだから見かねたんだと思う(^^;)

この前もひと寝して起きたと思ったら〝パーマかけに行く〟って言いだしてさ(^_^メ)

まめっぷだけなら美容院に乗りつけて待ってたりするんだけど
叔母さんがいるのをいいことにイオンの駐車場(美容院とは反対側)にクルマ置いて
「二人で眺めながら待ってるからここから歩いて行って来い」って言ってやったんだ(*´艸`*)

普段なら「いいから乗せていけ」ってブチギレるところなんだけど
叔母さんがいる手前もあって渋々歩いて行ったのが小気味よくてざまあみろって思ったもんね(^^♪

今日もおかんのお守りに行くことになってるので締めることにします<(_ _)>

今日は小出しで終わらせのんびり(^^♪

毎回迷うのが段取りしてしまって一気に出すか10件くらいずつ小出しにするかなんだけど
仕入れ先(買付先)にしているお店によって
足が速いところは段取りし終わって「さぁ出すか」って思ったときには
すでにワンサイズのみとかになってたりして泣く泣く除外せざるを得なくなったりするから
10件くらいずつチマチマって言うのもけっこう微妙なわけよ(((uдu*)ゥンゥン

まめっぷはやったことがないからだけど
SOHOサイトに出ている求人広告には「慣れたら1時間で10~15件は可能」って出てることが多くて
それを実現しようと思ったら仕入れ先の商品サイトから画像と詳細情報を
そのままコピペすれば終わりくらいの勢いじゃないと難しいんじゃないかと思ってるわけよ( ゚д゚)ウム

だって商品として売るには値段をつける必要があるから
間違っても商品サイトの画像と詳細情報をコピペして終わるなんてことはなくて
前オーナーでさんざん迷惑被ったように誰が値段をつけるかによっても違うからさ( ̄▽ ̄;)

現オーナーも毎日10件くらいずつ出して欲しいって内心では思ってるみたいだけど
ハッキリ言って今のやり方ではどう逆立ちしたって無理だからシカトしてるんだけどね(^^;)

ましてや画像に細かい注文が多すぎる上に
インスタあればインスタ使えとか宣っちゃって探す手間はまったく考えてなかったりするんじゃ
「慣れたら1時間で10~15件」なんて夢のまた夢だろうなぁって思うもん(゚д゚)(。_。)ウン

画像の背景や枠を準備しておいて出品外注の出入りがあっても
出品ページは統一されるようにしてる賢いオーナーさんならあるいは可能かもわかんないけど
価格設定についてまで記載してることが稀だったりするから
ふたを開けてみたら「1時間で10~15件」が無理なことがわかって
慣れる前に辞めちゃう人も多いみたいだから定着率は決して高くないんだよね(((uдu*)ゥンゥン

まめっぷは昭和の人間でそもそもネットで買い物するっていう概念がなかったから
初めて足を踏み入れたときは長くやってれば
少しずつ単価が上がっていくんだろうくらいに思ってたのよ(^^;)

外注化するってことは人件費をかけられる程度に安定した収益があるからであって
どうなるかわかんないのに外注化するなんて思ってなかったんだもん(´Д`υ)))ポリポリ

けどいろんなコンサルブログを見るとネットショップ始めて1つでも注文が入ったら
外注化しちゃえって言ってるようなコンサルもいること知ってからは
オーナーの言うことを鵜呑みにするんじゃなくて資質を見極める必要があるんだなって
痛感したんだよね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

注文が入ったことに気をよくして調子に乗っちゃうんだと思うけど
まめっぷの印象だと新規参入のショップはご祝儀バブル的なことが起きやすい気がしてて
何故かというとトラブルに見舞われた経験がある購入者が
新規参入のショップに流れるからじゃないかなって思ってるのよ( ゚Å゚)ホゥ

まめっぷもたぶんそれで受注が増えたことに気をよくして
外注化に踏み切った最初のオーナーの餌食になった感じかな(~_~;)

前オーナーのときに初めてこんなだったら自分でやったほうがいいんじゃないかって思ったくらい
簡単そうに見えたりもするんだけど踏みとどまって出品外注のままでいる理由は
単純に管理する自信がないから( ̄▽ ̄;)

何度もシミュレーションしてみたけどできる気がしなかったんだよね(;´д`)トホホ…

薄利多売以外でそれなりの利益を上げようと思ったら
それなりの高額商品を売らざるを得ないけどそれなりの高額商品を扱ってるショップが
一番多かったりもするから競争も激しいわけでしょ!

コツとしては3ヶ月先を読むことらしいけど
ターゲットにする年齢層だったりジャンルだったりをしっかり決めておかないと
うまいこと先行できたとしても持続できなくなっちゃうし
常に先回りできるものを探してないといけないってことでもあるからねぇ。。。

長いこと出品外注してて感じたのは優良ショップになるには
ただ売り上げを伸ばすだけじゃなくオーナーの資質も重要なんだなってこと!

出品外注に対して横柄な態度をとるオーナーは
顧客に対しても横柄な態度をとる可能性があると思ってて
基本的に顧客対応の様子は見えないんだけど問い合わせや受注の有無から
推測することはできるからさ(((uдu*)ゥンゥン

問い合わせがあっても受注に結び付かないのは対応に問題があったからでしょ!

まめっぷが問い合わせ対応してた時は深夜でも即時対応だったから
そのまま受注に結び付くこともあったけど
今はオーナーがやってて深夜は即時対応じゃないから逃す確率が上がったんじゃないかな( ゚Å゚)ホゥ

でもまぁ
まめっぷは出品外注に徹するって決めたからどうであろうと知ったこっちゃないし
問い合わせや受注頻度が鈍ってきたなって思ったらいつでも移籍できるように
常に次の提携先候補を物色してるんだ(ΦωΦ)フフフ…

出品外注と講師の二足の草鞋を履くか
出品外注からはすっぱりと足を洗って経験者として講師だけに絞るかでも迷ってるけど
講座の頻度が定まらないうちは続けてもいいかなとは思ってるんだ(((uдu*)ゥンゥン

オプションとして考えてる画像加工とかで忙しくなればわかんないけどね(*´艸`*)

眠くなってきたので締めます<(_ _)>

後半戦スタート!!

梅雨らしいお天気が続いていたけど明けて今日はお天道様が顔を出してくれるようです^^;

てなわけで本題に(´・ω`・)エッ?

現オーナーになって初めてテッペン超える前に内職がひと段落して
若干腑抜け状態に陥ってるまめっぷです^^;

前オーナーまではあまりにも出品できるものが無さ過ぎてぐったりって感じだったけど
現オーナーになってからは余計な作業が多すぎてメインであるはずの出品まで手が回らないまま
最後の2日くらいで悪あがきするものの200には届かずに終わってしまうのが理不尽過ぎたもんで
ちょっとブチぎれてみせたのが功を奏してゴチャゴチャ言われることがなくなったおかげで
6月は余裕で200クリアできたのよ~(∩´∀`)∩ワーイ

材料探すのは大変だったけどねぇ~(((uдu*)ゥンゥン

薄利多売のスパイラルに陥っちゃってて利益が薄いショップだから
金払いはいいって言いながらやることがセコイわけよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

だってさぁ
素材も特徴もバラバラなのに仕入れ値が同じものはひとつにまとめろって言うんだよ!

ECサイトのサムネイル見てもそこまでセコいマネしてるショップなんてなくて
大抵は色違いの場合に選べる形になってるくらいがせいぜいで
ショッパーさんによっては色違いすら1点ずつになってたりもするから
最初に言われたとき耳を疑ったくらいだもん(゚д゚)(。_。)ウン

仕入れ値が同じなのはまだいいほうでデザインも価格も無視で
キャップとかシャツとかのカテゴリーだけでまとめろって言われてたからねヾ(゚Д゚ )ォィォィ

200は出して欲しいって言っておきながら
カテでまとめろって矛盾してねぇかって常々思ってたんだけど
素直に言うこと聞いちゃうと10も15もあるのが1になり兼ねないから
すっかりガン無視してます(^▽^;)

そこまでセコいマネしてるくせに「オレは金払いはいいほうだから」とか宣うんだぜエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

しかも画像がちょっと気に入らないだけであーだこーだ言って来るだけじゃなく
こっちの都合なんてお構いなしですぐさま対応しないと催促されるから
仕方なく対応し始めると気をよくして要求がエスカレートしていくんだゎ(´Д`)ハァ…

そのことにもムカついてたものの
どこまで言っていいものなのかを図りかねてたこともあって堪えてたんだけど
契約文を確認したら辞める場合は1ヶ月前告知ってなってたから
思い切ってぶちまけてみて商品リストを回してもらえなくなるようだったら
次の提携先を探しながら講座の準備しようと腹をくくってぶちまけたからこその200UPだから
ぶちまけて正解だったってことだゎね(*^^)v

材料探しが大変だったって言うのは
200は出せって言う割に出せるようにはしてくれないわけさΣ(゚Д゚;)アラマッ

毎日10点ずつが理想らしいんだけど
商品サイトの画像をそのまま使うだけで加工の必要がないならあっという間に終わるから
余計な作業を振られても支障はないと思うけど
インスタがあればインスタ使えだの画像をそのまま使うなだのって言われたら
じっくり腰を据えざるを得ないでしょ!

ほんとにムカついてどうしようもなかったから
これ言われたらぐうの音も出ないだろうなって思えることをぶつけてやったんだ(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

画像加工であーだこーだ言うだけは簡単ですよねって!
それなりに手間がかかることなんでできれば自分でやってみてから言ってほしいんだけどって!

まめっぷに痛いところ突かれて「確かにやったことない」って愕然としてた(´∀`*)ウフフ

ドロー系のスキルがあるひとから見たら大したことはやってないけど
PCスキル自体が満足にないひとから見たら大したことのはずだから
二の句が出ないだろうなって思いながらとどめを刺した感じだね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

あんまり調子に乗って足元見るようなマネするとロクなことがないのはわかってるけど
こと画像に関しては文句言うならてめえでやれって思うレベルだったし
まめっぷが提携する前からいた出品外注さんから『画像枠を使い回すなら金払え』って言われて
逆ギレしたようなやつだから金払いがいいって言うのも眉唾なんだゎ(((uдu*)ゥンゥン

販売戦略が一番やっちゃいけないと言われてる薄利多売(しかも後出しジャンケン)だし
薄利の割に多売ってほど売り上げがあるわけでもなく
12~3万の月利で満足しちゃってるような単純なやつなんで大成はしないだろうと思ってるから
この調子でグチャグチャ言われずに200UPを続けながら
グチャグチャ言われなくなったことでできた時間を使って講座の準備を進めるために
無料のレンタルサーバーに登録してドメイン取るところまでは
何とかできたんだけど今いち方向性が定まり切れずに迷走中なのよねぇ(/ω\)イヤン

スタートを切るにももってこいのタイミングだから
ならば講座の準備に比重を置きたいところではあるけど
何をするにも考え過ぎて立ち上がりに時間がかかっちゃう質だからさぁ。。。

受講希望者にスカID取ってもらってオンライン講座にするつもりだったけど
スカIDの取り方を知らないって言われたらどうするとか
オンライン講座で顔を合わせることがないとしたら受講料はどうやって受け取るかとか
何気に問題が山積みなことに気づいて足踏み状態(*´Д`*)

在宅ワークの始め方だけなら2時間もあれば説明できちゃうし
何十人も相手にするつもりはなくてせいぜい4~5人が想定だから
こじんまりとした喫茶店の一角でも借りてできれば十分なんだけど
いくらこじんまりとしてるからって2時間も占領するのは考えものでしょ(~_~;)

4~5人くらいの需要があるならレンタルスペースを利用するって手もあるけど
そうなると受講料との兼ね合いも考えなくちゃいけなくなるじゃん!

ミニ講座と言ってもいいくらいこじんまりとやっておいて
本題については月極でみっちりやるつもりでいるけど
長いスパンで引っ張れるほどのボリュームがあるわけではないから
せいぜい3ヶ月がいいところだと思ってるし
まめっぷが教えられるのは特定の出品外注についてだけだけど
きっとどのECサイトの出品外注でも画像加工までできたほうが
採用の確率は上がるはずなんで3ヶ月を1単位にするか1ヶ月ごとにするかかなぁ。。。

とりあえずひと寝してからまた考えてみようと思います<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ